62冊目 「神と黒蟹県」 絲山秋子

 

連作短編集になるのかな?

地味な地方都市黒蟹県に暮らす人々とそこに紛れ込む神

神と言っても何でもできるわけではなくでもそこそこの力はあって

半知半能とはよく言ったものだ

最後の章の狐が良いな