読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

59冊め 「わたしの普段着」 吉村昭

今日の読了本 日々

 

わたしの普段着 (新潮文庫)

わたしの普段着 (新潮文庫)

 

 奥様の津村節子が死の前後を描いたエッセイは何冊か読んでいたけれど歴史小説はゴリゴリと硬そうで敬遠していた。

お兄さんの死を描いた「死顔」がなかなか良かったのでエッセイを。

津村作品から思い描いていたほど一刻な感じではなかったな。ただ執筆への執念みたいなものは感じる。

 

もうじきGW

世間的に29~7までをGWというのならその間休みは1日か2日だな。まぁ別に明けてから休むから良いんだけどさ。

早番って9時に上がって帰って来るから日中は休みみたいなもんなんだけど5時に目覚ましが鳴った時はシフトを入れた過去の自分を悔やむ。

気温が上がってでも風はひんやり。

58冊め 「村上さんのところ」 村上春樹

今日の読了本

 

村上さんのところ

村上さんのところ

 

 ネットで公開中に大体のところは読んでいたのだけれど改めて読んでみるとどうってことない内容ながら

おしゃべりを傍で聞いているようで楽しい。

57冊め 「いつも彼らはどこかに」 小川洋子

今日の読了本

 

いつも彼らはどこかに (新潮文庫)

いつも彼らはどこかに (新潮文庫)

 

 ビーバーの骨・うさぎの看板・犬の置物・動物園のチーター。。。

動物絡みの短編集。

小川洋子らしくキモ哀しい。その執着や自己完結は身近にいたらちょっと引いちゃうだろうなと思う人物たち。

 

県北ウロウロ

お出かけ

KANちゃんのライブは6時半開演予定。日帰りは無理だろうと思ったけど気づかないふりでチケットを取って、それからおもむろに旦那に交渉。

この際だから行きたいと思っていた行田羽生熊谷の旅へ。

きやっせ羽生の木蘭の丘

https://www.instagram.com/p/BS4rC_zAV3h/

木蘭の丘#今日は巡礼

紫木蓮はまだ咲いていたよ。

 

行田へ行ってフライやゼリーフライを食べたり水城公園に行ったり古墳に行ったりお城に行ったり根本医院をこっそり眺めたり。

行田観光大使のDVDをなぞってうろついた。2,3回しか見てないのにちゃんと気づくのここ最近の曖昧な記憶力からするとすごく不思議。

根本要記念館になる予定(非公開)のお米屋さんとか前を通ったときにこれだ!って思ったもん。

熊谷では妻沼天聖宮と言うところに行った

キラキラでカラフル。

f:id:acha3:20170415152854j:plain

ロックンロールに拿捕されて@中野サンプラザ

観る聴く
4月14日はKAN芸能生活29周年ケジメンタルライブに行って来た。
機材調整とかで20分遅れて開演。
 
01.オー・ルヴォワール・パリ
02.何の変哲もないLove Song
03.ボーイズ・オン・ザ・ラン/馬場俊英
04.今夜だけきっと/スターダスト・レビュー
05.ポカポカの日曜日がいちばん寂しい
06.Happy Saddy Mountain/TRICERATOPS
07.プロポーズ
08.練馬美人
09.スーパーオーディナリー/馬場俊英佐藤竹善
10.どんくさいほどコンサバ
11.牛乳のんでギュー
12.昔話を繙くように/スターダスト・レビュー
13.Menuett fur Frau Triendl
14.Human/SING LIKE TALKING(佐藤竹善)
15.Spirit Of Love/SING LIKE TALKING(佐藤竹善)
16.桜ナイトフィーバー
17.胸の谷間
18.Raspberry/TRICERATOPS
19.愛は勝つ
20.小学3年生
21.ロックンロールに絆されて
22.表参道
encore
23.夢伝説/スターダスト・レビュー
24.KANのChristmas Song
25.寝てる間のLove Song
TRICERATOPS馬場俊英塩谷哲佐藤竹善根本要の豪華ゲストアーチストを惜しげもなく最後の一滴まで使い切るKANちゃんって人使いが荒くてうまいなぁ。と改めて思い知らされたライブ。
牛乳飲んでと繙くようにの要さんの歌はその振り幅も含めてファンとして「どうよ!」と胸を張りたくなるものだった。伝説の6段落ち夢伝も笑った。
竹善さんの歌も素晴らしいね。要さんとはまた別の安定感。メインを張ってもコーラスについても歌が映えること。
KANバンドの皆さんの衣装は過去のKANちゃんのライブの衣装らしい。
本当のデビュー記念日は4月25日でその直前の土曜か日曜4月22日か23日にしようと思ったのにもう押さえられていて誰だよ?こんな早くに!と思ったらスターダストレビューだったと。
そんな来週のスタレビにも言ってきます中野サンプラザ
KANちゃんもゲストで出るよ。
 
 
 
 

56冊め KOWAII(コワイイ)」 宍戸レイ

今日の読了本

 

 ダンサー・レースクイーン・通訳・DJなどの経歴を持つらしい著者。

その人脈を活かして集めた実話怪談。

そんなに怖くはない

雪国の桜はまだ蕾固く

日々

久々の晴天。

このところずっと続いていた頭痛肩こり胸の痛み諸々の不快症状がスッキリと消えている。

気圧と体調って本当に関係あるの?

 

昨日はそんな雨の中息子の汚部屋を掃除に。

よく病気にならないなと感心するくらいの汚れっぷり。

私も旦那もそりゃすごくちゃんとしている方ではないけれど、むしろぱっぱらぱなし感あふれる家庭ではあるのだけれど

それにしてもなんであんなにひどい子に育っちゃったかなぁ?

他の部分ではもう少しそれなりにちゃんとしているだけに不思議でならない。

とは言えもうちょっとなんとかならんかね。

人生の重要な相談事もしつつ恒例の日帰り温泉に浸かって夜遅くに帰宅