読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

17冊め 「銀色の月」小川恵

 

銀色の月――小川国夫との日々

銀色の月――小川国夫との日々

 

 小川国夫ってよく知らない。なんか1冊くらい読んだことあるかなぁ?

50余年連れ添ってきた作家との思い出。

これは著作に触れているとか作家の年表的人生を知っているとかするともう少しわかりやすいのかな?

書き下ろしらしいんんだけど時系列順に並んでもいなければこういう思い出の記によくある説明の省かれた記述が多くてよくわからない。

研究者やファンなんかには貴重な資料になるのかもしれないけれど