64冊目 「鵺の碑」 京極夏彦

 

関口 木場 益田 榎木津 更に京極堂もそれぞれの事情で日光にやって来る

一見無関係そうなそれぞれの事情が徐々にピースが重なり合ってくる

長い話なのに京極堂最後に一気に落としてしまうなぁ

榎さんの出番が少なめなのがちょっと寂しい