読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

157冊め 「メビウス・ファクトリー」 三崎亜記

 

メビウス・ファクトリー

メビウス・ファクトリー

 

 街全体が管理されて一つの目的のために一丸となっている、そんな閉ざされた街の不気味さ、その中に取り込まれていることの安心感。

それがまた外側から統制されているのかもしれないという疑惑。気づいてしまったものの不幸