読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

156冊め 「睡蓮のまどろむ館 イヴルズ・ゲート」 篠田真由美

 

 1999年ノストラダムスイヤーに大震災と相次ぐ原発事故に見舞われ本州の大半が居住不適格となった日本。

かつてエジプトから不法に持ち出された遺物が収められているという館に呼び集められたかつて霊感少女ともてはやされた二人の女性と一人の考古学者、そして飛び入りの比較宗教学者

さてこの物語の落とし所はホラーなのかミステリなのか?

いかにもこの作者の好みそうな道具立てではある。まだ先が続きそうなのでこの戦いの顛末をもう少し見届けたい

 

 

来季のJ2

グランパスがJ2に降格して選手の流出が色々取り沙汰されている。

川俣は磐田に行くって。他にもまだまだあるだろうね。

そんな中佐藤寿人が来てくれるって、びっくり。おまけに監督が風間さん?

正直なんで?って思った。ふたりとももっといいとこあったでしょ?でもちょっと嬉しい。でもかなり不安。フィットするのかな?

 

山雅昇格逃して残念だった。でもグランパスX山雅戦は見たいかも。

福岡と湘南は監督留任だって。京都に闘利王行くらしい。

岐阜も残留できた。

なんかちょっと楽しみじゃない?