読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

141冊め 「イトウの恋」 中島京子

 

イトウの恋 (講談社文庫)

イトウの恋 (講談社文庫)

 

 明治初期世界の辺境であった日本のさらに辺境であろう東北を旅するイギリス人女性と

彼女の通訳として雇われた日本人青年。

ともに常識からちょっと外れている二人が旅の中で惹かれ合っていくさまと

後年その手記を巡るやはりどこか世間とズレているような男女のやり取りがおかしいような切ないような感覚で語られる。

彼らのその後の人生がどのようであったにせよこの旅の記憶はとても大切なものになったのだろう。