読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11冊め 「薬石としての本たち」 南木佳士

 

薬石としての本たち

薬石としての本たち

 

 イメージだけど南木氏は多読というより少ない本をじっくり何度も読むタイプではないだろうか?

そんな血となり肉となった本とそれにまつわるエピソード。

作家本人も書いていますがエピソード自体はすでにどこかで読んで知っている内容だったりするのだけれど

そこは全然重要じゃない。