89冊目 「バースデイ・ガール」 村上春樹

バースデイ・ガール 作者: 村上春樹,カットメンシック,Kat Menschik 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/11/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 村上春樹の短編には誰かが誰か(作者?)に向かって過去の自分の体験を語るという体裁…

88冊目 「失われた地図」 恩田陸

失われた地図 作者: 恩田陸 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/02/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 再読。 この終わり方、明らかにまだ続きがあるというかここまではプロローグという感じなんだけど 続編ってどこかに書かれて…

87冊目 「きえもの日記」 高山なおみ

きえもの日記 作者: 高山なおみ 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2015/04/17 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (3件) を見る きえものというのは映画やドラマの中で一回きりでなくなる消耗品のこと、今回で言うのなら料理=食…

86冊目 「極夜行」 角幡唯介

極夜行 作者: 角幡唯介 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/02/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 太陽の登らぬ極夜の雪原を犬一匹を相棒に重いそりを引いて歩く。 なんでこんなことをと思う。 角幡氏自身にとっては切実に必要な…

85冊目 「血か、死か、無か?」 森博嗣

血か、死か、無か? Is It Blood, Death or Null? Wシリーズ (講談社タイガ) 作者: 森博嗣 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2018/02/21 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (2件) を見る 単体としてはあまり盛り上がらずちょっ…

85冊目 「妖怪姫、婿をとる」 廣嶋玲子

妖怪姫、婿をとる (妖怪の子預かります5) (創元推理文庫) 作者: 廣嶋玲子 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2018/01/12 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 今回の主人公は久蔵。 いつの間にやら主役二人を喰っちまうくらいのキャラになっちゃっ…

84冊目 「お隣のイスラーム」 森まゆみ

お隣りのイスラーム――日本に暮らすムスリムに会いにいく 作者: 森まゆみ 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店 発売日: 2018/02/15 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る イスラム教徒といってもそのバックグラウンドも宗教に対するスタン…

83冊目 「竹林精舎」 玄侑宗久

竹林精舎 作者: 玄侑宗久 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2018/01/04 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 震災の津波で両親を失い風に吹かれるように僧侶になった青年の学生時代から好もしく思っていた女友達との恋の道行きと 放射能に翻…

82冊目 「妖奇庵夜話 花闇の来訪者」 榎田ユウリ

妖奇庵夜話 花闇の来訪者 (角川ホラー文庫) 作者: 榎田ユウリ,中村明日美子 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/07/25 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 毎日暑い エアコンの部屋にずっといると体に悪いって昔は言ったよね? 今や昼も夜もつ…

81冊目 「A3 下」森達也

A3〈下〉 (集英社文庫) 作者: 森達也 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2012/12/14 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 1回 この商品を含むブログ (5件) を見る なかなかに読み進めるのがきつかった。 資料の引用が多いことや現在(連載当時)の麻原の状況…

80冊目 「A3 上」 森達也

A3〈上〉 (集英社文庫) 作者: 森達也 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2012/12/14 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 1回 この商品を含むブログ (6件) を見る 「A」「A2」が信者を見つめるものだったのに対して「A3」は麻原彰晃への視線をメインに据えて…

79冊目 「明日への一歩」 津村節子

明日への一歩 作者: 津村節子 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2018/04/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 昭和2年生まれだという著者はもう米寿を超えている。そこまで現役でいられることは喜ばしいことなんだろう。 でも流石にもう新…

KAN弾き語りばったり#23@福井

昨日は福井の響のホールへKAN弾き語りばったり#23 「三歩進んで何故戻る?」に行って来た。 セットリストはこちら 指輪寝てる間のLove song死ぬまで君を離さない何の変哲もないLove song遥かなる回り道の向こうでキリギリス朝日橋ララバイ(ビリー・ジョエル…

78冊目 「コンビニ人間」 村田沙耶香

コンビニ人間 作者: 村田沙耶香 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/07/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (70件) を見る この現実から弾かれている感じ分かる人にはストンと胸に落ちると思うのだけれど胸に落としたままにはしておかないのが村…

77冊目 「スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 想いを伝えるシチュー」 友井羊

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 想いを伝えるシチュー (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) 作者: 友井羊 出版社/メーカー: 宝島社 発売日: 2017/11/07 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (3件) を見る 寒い季節のお話なせいもあって温かいスープが美…

76冊目 「A2」 森達也

A2 作者: 森達也,安岡卓治 出版社/メーカー: 現代書館 発売日: 2002/03/01 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 8回 この商品を含むブログ (23件) を見る 「A」以後、教祖以下幹部たちが逮捕され残された信者たちが居場所を求めて漂流する日々。世間やマス…

75冊目 「パパは脳研究者」 池谷裕二

パパは脳研究者 子どもを育てる脳科学 作者: 池谷裕二 出版社/メーカー: クレヨンハウス 発売日: 2017/08/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 知識階級に愛情込めて育てられた子はきっとすくすくと伸びていくんだろうなぁ。 階級差が出…

74冊目 「QED 白山の頻闇」 高田崇史

QED ?ortus?白山の頻闇 (講談社文庫) 作者: 高田崇史 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/11/24 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る いつものことながら非常識な殺人事件を糸口に桑原タタルが博覧強記を駆使して自説を組み上げていく…

73冊目 「時の名残り」 津村節子

時の名残り 作者: 津村節子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/03/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る エッセイっていうのは同じようなことを題材にしていることが多いから既読かどうかわからなくなってしまう。 この本もそこら辺曖昧なま…

72冊目 「国境なき医師団を見に行く」 いとうせいこう

「国境なき医師団」を見に行く 作者: いとうせいこう 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/11/30 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (2件) を見る 実は結構長いこと国境なき医師団とUNCHRに少額ながらマンスリーの寄付をしている。 …

楽園音楽祭2018@宜野湾海浜公園屋外劇場 (ネタバレセットリスト付き)

7月7日沖縄であった夏イベ初日に行って来た。 かなめさんの入院騒動もあってもしかしたら飛ぶかも?と心配したけど無事元気な姿を見ることができてとても嬉しい。 アルバムからの新曲は3曲は予想通り。後はツアーまで待っとけってことね。 メンバーリクエ…

71冊目 「夜見師2」 中村ふみ

夜見師2 (角川ホラー文庫) 作者: 中村ふみ 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/07/25 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 冷徹な主と人情家の従者。 自分に足りないものを持つもののしかし力を借りることで及ぶ害を恐れ、一方力になりた…

いろいろ届く

スタレビニューアルバムが届いた。 届いたけれどなかなか開封できずやっと昨日CDを聞き付録のメイキングDVDを見ることができた。 感想はもうちょっと聴き込んでから。 ただこれ見よがしなところのないアルバムだなと。 そしてオフィシャルデータブック。 勢…

戦略を否定はしない

相変わらず盛り上がりには欠けつつ11時からの試合を視聴。 ポーランドに1点入れられてあ~やっぱりねという気持ちとでももしかしたらまた。。と言う気持ちが交錯する。 で、終盤の15分?20分?まぁ、長く感じたなぁ。。。 裏でセネガルが1点入れたらどうする…

引き分け

まぁそれなりに期待も高まるというもので深夜0時からのキックオフも観戦 先行されて追いついて突き放されてまた追いついての引き分けはもしかしたら勝てたんじゃない?とまで思わせて次戦へも期待をもたせる。 初戦の前なのか後なのか川淵さんのツイートみた…

70冊目 「月蝕館の朝と夜」 柄刀一

月食館の朝と夜 奇蹟審問官アーサー (講談社ノベルス) 作者: 柄刀一 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/12/08 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 柄刀作品ですからね、薀蓄が長々続くのはまぁお約束なんだけど、事件が起こるのが物語半…

69冊目 「花歌は、うたう」 小路幸也

花歌は、うたう 作者: 小路幸也 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2017/10/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 失踪中の天才的ミュージシャンを父に持ち自身も本人に自覚は薄いものの大いに才能に恵まれているらしい花歌。 友人た…

ちょっと困っています

勝っちゃったよ。 なんだかんだ言っても見れば応援してしまうし勝てばやっぱり嬉しい。 でもこれは1%2%のための決断の賜物なんだろうか? やっぱりそこには引っかかっちゃうんだよなぁ。 応援はするけどね、もちろん。 でも掌返しはできない。

68冊目 「A」森達也

「A」―マスコミが報道しなかったオウムの素顔 (角川文庫) 作者: 森達也 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2002/01/01 メディア: 文庫 購入: 7人 クリック: 140回 この商品を含むブログ (111件) を見る 森達也は断定しない。いつも揺れている。だから読んで…

やっぱり大切なあなた

一昨日の夜パソコンを開いたらYAHOOニュースに要さん入院の記事 日本全国の御婦人の何割かが凍りつき青ざめたろう。 幸いさほど重篤ではないようで夏イベも予定通り実施とのこと とはいえ7月7日が沖縄初日、2週間の入院となるとリハーサルとか厳しそう。 宿…