読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めての手前味噌

友人から大豆をたくさん分けてもらったので出来心で味噌など仕込んでみた。

大豆 一晩水に浸ける

 
f:id:acha3:20170228175853j:image

茹でてマッシャーで潰す

 
f:id:acha3:20170228175910j:image

塩と麹を合わせる

 
f:id:acha3:20170228175925j:image

こねこね

 
f:id:acha3:20170228175939j:image

完成

 
f:id:acha3:20170228175956j:image

思ったより短時間でできた。

半年くらいで熟成。

美味しくできるかな?

 

 

材料覚書

大豆 1キロ

米糀700グラム

塩400グラム

 

 

ポカポカの水曜日

近くの農業センターへしだれ梅の様子伺いに。

 
f:id:acha3:20170301151429j:image


f:id:acha3:20170301151509j:image



 
f:id:acha3:20170301152008j:image


f:id:acha3:20170301152234j:image


f:id:acha3:20170301151624j:image

なんですと?!

 

まだちょっと早い感じ

来週ぐらいに見頃かなぁ?

昼過ぎから急激にお天気は下り坂。明日は雨らしい。

 

ところでスマホから写真入れると縦横が直せないんだけどなぜ?

31冊め 「漂流」 角幡唯介

 

漂流

漂流

 

 漁船の沈没により37日間海上を漂流した後救助された日本人船長はその8年後再び海上で遭難して行方不明になっていた。

死の目前からようやく生還したというのになぜ再び海に戻ったのか?

沖縄伊良部島のマグロ・カツオ漁の歴史と海でしか行きられない漁師たちのメンタリティを

普段は自身の死の淵ギリギリの冒険をノンフィクションに書く著者が丁寧に聞き取っている。

KAN Concerto col Quartetto da Muroia @中電ホール ネタバレあり(2/28セトリを追記)

昨夜はKANちゃんのカルテットライブに行って来た。

ツアーまだ2日め。カルテットの皆さんは硬さが見られたけどこの先果たして和らいでいくのだろうか?

多少予測の範囲内ではあったのだけれどKANちゃんはタキシードに天使の羽。

もうタキシードと羽はセットなんだろうか(笑)

KANちゃんがヴァイオリンを弾くという余興(笑)があったのだけれどあの音はプロの耳には結構厳しいんじゃないだろうか

途中でチェロの方が耳をふさいだのでついに!?と思ったけど他のお二方を見れば三猿だったような気もする。

誰と何をやってもKANちゃんはあくまでKANちゃんなんだなと。

カルテットの4方人生の初経験を色々されたのでは。。?

https://www.instagram.com/p/BQ-UlG_A5U2/

 

今日はここカッコいいKAN ちゃんと自分にお土産スコアブックは買わなかった#KAN

こんなかっこいいビジュアルとスコアも書いちゃう絵も描いちゃうというかっこいい内面も全て含めて。。。

 

KANちゃんを聞き始めたのは比較的最近だから持っていないCDは多い。

 

追記・セトリ


世界でいちばん好きな人
まゆみ
いつもまじめに君のこと
Here There and Every where(ビートルズ)
星屑の帰り道
月海
牛乳飲んでギュー

心の汽車
ものくるほしき人々(大林信彦監督の映画の曲、インスト)
ポカポカの日曜日が1番さみしい
彼女はきっとまた
愛は勝つ
キリギリス
CLOSE TO ME
今年もこうして二人でクリスマスを祝う
星に願いを(KANさんのバイオリン)
メヌエットフォアフラウトリンドル インストでトリンドル玲奈さんへの曲(笑)

  トリンドルの前のフラウは女性につける敬称でつけるかどうか迷ったけどドイツ語のできるチェロの奥泉さんに確認したところよほど親しい関係でないのならつけるべきと言われてつけたとか。。。

よければ一緒に

 

 

本の話

村上春樹の新刊が発売になった。

こんな田舎のコンビニにも上下巻一組配本になっていた。

売れるのかな?

「1Q84」「多崎つくる」は読みやすかったけど今度のはちょっと難渋しそうな雰囲気が漂っている。あくまで雰囲気だけど。

 

前回の芥川賞コンビニ人間」がどうなっているのかと思って図書館で検索かけてみたら1000人以上待ちだった。恐るべし。

今回の芥川賞は選評がかなり散々だったようだけど世評はいかに?

 

30冊め 「父よ、ロング・グッドバイ」 盛田隆二

 

父よ、ロング・グッドバイ 男の介護日誌

父よ、ロング・グッドバイ 男の介護日誌

 

 母が亡くなってから認知症が悪化していく父を介護した10年間。

息子による父親の介護ってどこかちょっとよそよそしく良く言えば冷静。

記憶が薄れ反応も薄くなっていくその期間で看取る人にゆっくりとサヨナラを告げているのだそうだ

29冊め 「山のミステリー」 工藤隆雄

 

新編 山のミステリー 異界としての山 Mystery of the Mountain

新編 山のミステリー 異界としての山 Mystery of the Mountain

 

 あれこれ読んでいるともう山では不思議な事が起きて当たり前、な気分になってくる。